純銀ピュアシルバーアクセサリーPure3

純銀アクセサリーPure3

【お知らせ】  新商品入荷しました!( バングル1種、ピアス2種、リング3 種) [2017/ 9/ 8(金)]

ピュアシルバーアクセサリーとは

「純度99.8%の純銀(SV1000)を素材とした純銀シルバーアクセサリー」

Pure3-ハートリングピアス

ピュアシルバーアクセサリーとは、純度99.8%の純銀(SV1000)を素材としたシルバーアクセサリーのことを言います。

シルバーアクセサリーには
「変色する」
「金属アレルギーで荒れる」
などのマイナスのイメージがありますが、そのほとんどが「銀」自体ではなく、混ぜ合わせた「銀以外の金属」が原因となっていることをご存知でしょうか?

一般に販売されているシルバーアクセサリーには、「スターリングシルバー」と呼ばれる銀純度を92.5%に調整した「SV925」が使用されていることがほとんどです。(銀に近い金属を混ぜ合わせることで加工しやすくした銀素材をSV925と呼びます)

それに比べて、「純銀」や「ピュアシルバー」と呼ばれるのが「SV1000」です。純銀(SV1000)を使用して作られた「ピュアシルバーアクセサリー」には、変色しにくく、身に着けた時にアレルギー反応が起きにくいという特徴があります。

SV1000(純銀)とは

「純度が限りなく100%に近い銀」

SV1000溶解

「SV1000」とは、純度が限りなく100%に近い銀のことを指します。
「SV1000」は「純銀」または「ピュアシルバー」と呼ばれ、変色しにくく、アレルギー性がプラチナよりも低いのが特徴です。

変色(黒ずみ)やアレルギーの原因は「混ぜられている金属」にあることが多い為、純度の高い「純銀」には原因となる混ぜ物が少ない、つまり、変色しない、アレルギーになりにくい、ということが言えるのです。

シルバーアクセサリーは重たい、ゴツい、という印象をお持ちの方もいらっしゃるでしょう。また、その重たさが好みだ、という方も多々いらっしゃると思います。「重たさ」を出すために「燻し」加工を施した商品もあるくらいです。
ですが、本来の「銀」はとても美しい輝きを持った金属であることも、是非知っていただきたいのです。

上部の図をご覧ください。溶かした「SV1000」を撮影したものです。輝きはプラチナにも劣らない、「白銀」と呼ぶにふさわしい白く柔らかい光を放っています。
一口に「シルバーアクセサリー」と言っても、素材とする銀によって輝きや雰囲気に違いがあります。「純銀」をご存じなかった、という方は、是非これを期に「純銀シルバーアクセサリー」にご興味を持っていただければと思います。
※シルバー(銀)の種類についてもっと詳しく知りたい方は、「シルバーの種類(SV1000とSV925)」ページをご一読ください。

Pure3(ピュアキュービック)とは

Pure3(ピュアキュービック)とは、当店で扱っているピュアシルバーアクセサリーのブランド名です。チェーンペンダントトップピアスリングバングルなどの商品を取りそろえております。

当店ではシルバーアクセサリーを好む多くの方にご愛用いただくため、多種類のデザインをご用意できるよう心掛けております。不定期ではありますが、新商品の追加もおこなっており、できる限りご要望の多いデザインのシルバーアクセサリーを充実させてゆきたいと考えております。
「こんなデザインのピアスが欲しい」「リングの種類を豊富にしてほしい」などのご意見・ご要望がございましたら、ぜひ運営会社までご要望メールをお送りください!
皆様のご意見やご要望、随時お待ちしております。
(頂いたご意見・ご要望は、サービス向上の為の参考として使用させていただきます)

©2010-2018 SharpWedge